【期間限定】年収を上げる転職のコツを公開中

【調剤事務になって後悔】辞めたい理由と解決策

悩む薬剤師さん

・調剤事務になって後悔している
・やめた方がいいのかな?
・解決策があれば教えて欲しい

こんな悩みにお答えします

こんにちは!ユムと申します!

本記事の信頼性
ユム
  • 薬剤師&ブロガー
  • 調剤併設型ドラッグストアで管理薬剤師の経験あり
  • 残業月2時間以内のホワイト薬局に勤務中
  • 残業月30時間以上で過労の経験あり

本記事では

【調剤事務になって後悔】辞めたい理由と解決策ついて紹介していきます

わたしもDsで管理薬剤師して、いろんな調剤事務と触れ合った経験から執筆しています。

ぜひ最後までご覧ください

オススメの転職サイト

こんな不安はありませんか?

よくある悩み
  • 自分のアピールポイント がわからない
  • 本当はどの企業が良いのかわからない
  • 在職中でなかなか時間が取れない

初めての転職なら何から始めていいかもわかりませんよね。

しかし、出遅れてしまったらいい求人情報もすぐになくなってしまいます。

個人でリサーチするにも限界があります。

そんな時におすすめしたいのが転職支援サイトのDODA(デューダ)です!

転職支援サイトDODA(デューダ)なら

転職支援サイトの強み
  • 業界に精通した転職のプロがあなたの強み・適性を把握しキャリアプランを提示してくれる
  • 非公開求人を含む豊富な求人情報の中から、あなたに合った求人を厳選
  • 応募先企業との面談調整・条件交渉を代行

上記の強みがあるんです。

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチしてくれます。
年収交渉も代行してくれるため、効率よく年収UPの期待値が高まるんですよね!

ユム

もちろん登録は無料!気軽に転職活動の相談ができるのが嬉しいですよね!

ぜひこの機会に、転職支援サイトで悩みを解決してください!

人気の優良求人は早い者勝ち!

公式サイト
https://doda.jp/

薬剤師の実は知りたいこと
【調剤事務をすぐやめるのはどうなの?】主な理由や転職のための改善策を紹介! | 薬剤師の実は知りたいこ... ・調剤事務に向いていなかった・早く辞めたいけどどうしたらいいんだろう こんな悩みにお答えします こんにちは!ユムと申します! 本記事では 【調剤事務をすぐやめる人の...


薬剤師のためのお役立ち記事

ちなみに転職サイトは複数登録することをオススメします。

理由は「キャリアアドバイザーの相性やスキルが異なる」から。

相性によって転職の良し悪しが決まってしまうほど重要なポイントなのです。


例えば、相性の合わない友達と長く付き合っていくことはしんどいですよね。

キャリアアドバイザーも同じで、相性が合わないと転職が成功しません。

その他のコツや転職で年収を上げる方法薬剤師の転職で絶対に失敗しないコツで解説しているのでぜひどうぞ!

また、オススメの転職サイトもランキング形式で紹介しています。

転職するときに必ずタメになるので薬剤師が転職するときに使うべきサイト:ランキング形式で発表も併せてご覧ください

目次

調剤事務を辞めたいと思う理由

調剤事務を辞めたいと思う理由は下記の通り

調剤事務は忙しい

調剤事務は想定よりも忙しすぎるために、後悔する人がおおいです。

医療事務の仕事内容は、単なるデスクワークだけではありません。

業務内容は

  • 処方箋受付
  • 入力
  • 薬の取り揃え
  • レセプト

などなど

業務内容は受付や事務作業だけでないので、薬局内を走り回ることもあります。

薬局によっては薬剤師より事務の方が作業量が多いこともあるため、多忙さが負担になります。

勉強することが多い

調剤事務は勉強することが多いため、勉強が苦手な人は後悔します。

調剤事務が学ぶことは下記の通り

  • 医療保険制度に関する知識
  • 調剤報酬請求に関する知識
  • レセプト業務に関する知識
  • 基本的な医薬品の知識

などなど

未経験から始めた場合、最初に学ぶべきことが多くていやになるほど。

また、調剤報酬も2年に1回変わるので、常に情報をアップデートしなければいけません。

1回覚えたから終わりではないです。

上記の理由から調剤事務になって後悔してしまいます。

業務量のわりに給料が低い

調剤事務は業務量のわりに給料が安いです。

時給は1,000円前後で他の職種より高いと思うかもしれません。

しかし、調剤事務に業務は

  • 一般事務より業務量が多い
  • 一般事務より業務内容が専門的

といった内容です。

上記のように業務内容が難しく、勉強が必要なので業務内容と時給が割に合っていないと感じやすいです。

人間関係の問題

調剤事務になって後悔する理由として人間関係があります。

調剤事務が対応するのは患者だけでなく、現場の薬剤師とコミュニケーションを取らなければいけません。

また、調剤事務は立場が下になるのでこき使われることも珍しくありません。

例えば

  • 薬剤師がする必要がない業務は全て事務にやらせる
  • あれやってこれやってとこき使われる
  • 立場が下のため、キツイ言い方で支持される

などなど

上記の理由の人間関係に悩んでしまい「調剤事務になって後悔」する人が続出します

感染症にかかりやすい環境

薬局には風邪やインフルエンザなどの感染症の患者さんが来られます。

ですので、どうしても感染症にかかりやすい環境で働くことになります。

家で小さな子供や免疫が下がっている高齢者がいる場合、職場の感染症を家で蔓延させてしまう可能性もあります。

調剤事務をして後悔したとみんな感じている

調剤事務を始めて後悔しているのはあなただけではありません。

みんな思っていることでいたって普通です。

Twitterで調べれば大量に出てきます。

調剤事務を後悔しているなら続けるのはやめた方がいい

無理して調剤事務を続けない方がいい理由は下記の通り

ストレスや疲れがたまり、身体や心に悪影響を及ぼす

始めて後悔している調剤事務を続けることによって、ストレスを感じて、身体や心に悪影響を及ぼす可能性があります。

例えば、身体的な疲れがたまると、睡眠不足や体調不良が生じ、
精神的なストレスがたまると、うつ病や不安障害、パニック障害などのメンタルヘルスの問題が生じることがあります

また、ストレスや緊張感が続くと、自律神経の乱れや血圧の上昇などの身体的な不調が現れることがあります。

始めて後悔している調剤事務を続けると自分の体がどんどん不調になっていく可能性があるので続けるべきではないです。

やりがいや充実感を得られず、モチベーションが低下し、業務に対する集中力や生産性が低下する

調剤事務を始めて後悔し始めると仕事にやりがいや充実感を感じられません。

また、モチベーションも低下し、業務に対する集中力や生産性が低下する可能性があります。

具体的には

  • 目標や成果に向けた達成感が得られないため、仕事に対するやりがいや充実感が感じられない。
  • 業務内容に興味を持てず、モチベーションが低下する。
  • 自分の能力やスキルを活かせないため、仕事に対するやりがいや充実感が感じられない。

などなど

上記の理由からモチベーションが低下します。

モチベーションが低下すると、調剤事務業務に対する集中力や生産性が低下し、仕事の質が下がります。

会社からの評価も下がり給料が下がります

ですので、後悔している調剤事務を続けるとモチベーションが下がり、業務効率が落ちるのでやめた方がいいです。

自己肯定感が低下し、自分の能力に対する自信がなくなる

調剤事務をやめたいと感じるようになれば、自分に自信がなくなります。

具体的には

  • 目標や成果を達成できず、失敗やミスが続くため、自己肯定感が低下する。
  • 業務内容に対する興味がなくなり、スキルアップや成長を感じられないため、自己肯定感が低下する。
  • 周りの評価や自己評価が低く、自分の能力に対する自信が失われる。
  • 職場での人間関係のトラブルやストレスが積み重なり、自己肯定感が低下する。

などなど。

以上のような理由から、自己肯定感が低下し、自分の能力に対する自信が失われていきます。

自己肯定感が低下すると、自己否定的な考え方が増え、業務に対する取り組み方が消極的になることがあります

また、自分の能力に対する自信が失われると、新しいことにチャレンジすることができなくなり、自分の可能性を十分に発揮できなくなる可能性があります。

今後の自分の人生の可能性を狭めていくことになります。

ですので、調剤事務に公開を感じるならやめた方がいいです。

将来に対する不安や焦りが増し、キャリアアップやプライベートライフにも悪影響を及ぼす

調剤事務を辞めたいと思うようになれば、将来に対する不安や焦りが増えます。

また、キャリアアップやプライベートライフにも悪影響を及ぼす可能性があります。

具体的には

  • 仕事に対する不満が高まり、キャリアアップに対するモチベーションが低下する。
  • 経済的な不安やキャリアアップへの不安があるため、プライベートライフに充分な時間を割けなくなる。
  • 仕事にストレスを感じ、プライベートライフでのリフレッシュができず、仕事に取り組む力が低下する。
  • 将来への不安や焦りから、自分自身の人生設計に自信が持てなくなり、自己肯定感が低下する。

などなど。

以上のような理由から、将来に対する不安や焦りが増えると、キャリアアップやプライベートライフにも悪影響を及ぼす可能性があります。

特に、仕事に対する不満が高まると、キャリアアップに対するモチベーションが低下し、プライベートライフでの充実感が得られなくなることがあります。

また、ストレスや不安が強い状態が続くと、身体的な症状が現れることもあります。

ですので、調剤事務を後悔しているならやめた方がいいです。

調剤事務に後悔・やめたいと思った時の解決策

調剤事務を辞めたいと思った時にするべき解決策は下記の通り

解決策①:連休を取る

調剤事務を辞めたいと思ってきた時には一度連休を取りましょう。

向いていないと感じたときは、仕事のプレッシャーや悩みなどで心がいっぱいいっぱいになっています。

そんな時に連休を取って、趣味や旅行をして心と体をリフレッシュさせましょう。

そうすることで、仕事が嫌で嫌で病んでいた気持ちが前向きになれます。

一度連休を取って疲れた体を癒してあげましょう。

解決策②:転職して職場と給料を改善する

調剤事務の悩みを解決しつつ給料を上げる最大の方法があります。

それは「転職」です。

あなたが残業も多くて、手取りも少ない、会社の今後も不安と感じるなら、より転職がオススメ。

話を聞くとやはり個人経営に近い薬局の職場環境は劣悪でした。

あなたの今の職場の環境は世間からする普通じゃない可能性もあります。

調剤事務が転職するときのポイント

調剤事務が転職するときのポイントは下記の通り

本当に転職するべきか考える

調剤事務に後悔していてすぐに退職してはいけません。

なぜなら、一度やめてしまうと同じ職場には復帰できないからです。

まずは本当に転職すべきかどうかを考えなおしましょう。

オススメはやめたいと思う理由を書きだすこと。

理由を書きだすことで解決できる内容かどうかを再確認できますし、転職の際に書き出した理由が就職先の希望条件となります。

ですので、まずは転職すべきかどうかをもう一度考え直してみましょう。

1人で転職活動をしないこと

転職活動は絶対に1人でしてはいけません。

なぜなら、下記の理由があります

  • 情報収集に時間がかかる
  • 応募先の絞り込みの難しさ
  • 面接対策のアドバイスをもらえず準備が不十分になる
  • キャリアアップに必要なアドバイスをもらえない

特に初めての転職ならなおさら失敗に繋がります。

ですので、1人で転職活動をするのではなくて「転職サイト」に応募して転職活動をサポートしてもらいましょう。

複数の転職サイトに登録すること

転職サイトは複数登録しましょう。

なぜなら、求人数や求人の種類がサイトによって異なるからです。

例えば、Aサイトではある会社の求人がなくても、Bサイトにはあったり
Cサイトは個人薬局の求人に強くて、Dサイトは製薬企業の求人に強かったり。

サイトごとに求人の掲載が変わってきます。

様々な求人からあなたに合った会社を選ぶために複数の転職サイトに登録しましょう。

転職サイトの登録は無料なので、負担なくできるはずです。

転職の目的を明確にすること

転職成功のコツは転職の目的を明確にすること。

なぜなら、目的がはっきりしていないと求人の絞り込みがあいまいになるからです。

あなたの転職したい理由はなんですか?

  • いまの給料に不満があって、給料を上げたい
  • 休みが少ないから、休暇の多い会社が良い
  • 人間関係に悩みがあるから、和気あいあいとしている職場が良い

などなど

あなたの転職の目的を明確にすることが転職成功のポイントです。

年収・基本給の内訳を確認すること

求人の年収・基本給の内訳を必ず確認しましょう。

内訳とは

  • 基本給はいくらなのか
  • 見込み残業は入っていないのか
  • 年俸制なのか、月給制なのか
  • 週〇時間、月〇時間のシフトせいなのか
  • 週休2日、完全週休2日なのか

などなど

特に年収が高いと思った求人には見込み残業が含まれていケースがよく見られます。

必ず、年収・基本給の内訳を確認してください

余裕をもって準備すること

転職活動の成功のコツは余裕をもって準備しておくことです。

なぜなら、転職には時間やストレスがかかるからです。

転職活動には時間がかかる

転職活動には時間がかかります。

求人情報を収集したり、応募書類を作成したり、面接に参加したりするためには、それなりの時間を要します。

転職サイトを使ってサポートしてくれても自分にぴったりの条件の求人を見つけるのには時間はかかります。

一人ならもっと時間がかかります。

転職活動にはストレスがかかる

応募した求人に不採用となったり、面接でうまく話せなかったりすると、落ち込んだり、自信をなくしたりすることがあります。

また、仕事をしながら、転職活動の準備をしていると、転職準備で精神的に負担がかかります。

そのため、余裕をもって時間をかけて準備することで、ストレスを軽減することができます。

自己分析を十分に行える

余裕をもって準備することで、自分の強みや弱みを正確に把握することができます。

自己分析を十分に行い、自分がどのような職場や条件を求めているのかがより考えられます。

さらに、自分自身で十分な情報収集を行うことで、自信を持って面接に臨むことができます。

職場見学をすること

転職で成功するポイントは「職場見学」をすることです。

なぜなら、職場見学することで職場の雰囲気が知れます。

求人情報では自分にぴったりでも、実際の職場は人間関係が悪くて、雰囲気が最悪なんてこともあります。

職場の雰囲気を知らずに職場見学せずに入社してしまったら、早々に退職してしまうことも考えられます。

また、職場見学で良い印象を残すことで、面接時の採用決定に良い影響を与える可能性もあります。

職場見学はメリット尽くしのため、転職で成功するためには必ず行った方が良いです。

まとめ:調剤事務に後悔しているなら早めに転職した方がいい

まとめ

以上が「【調剤事務になって後悔】辞めたい理由と解決策」でした。

特に退所・転職するなら決断する前から行動しておきましょう。

最初にするのは転職サイトの登録です。

無料で登録できるので、負担がかからず退所・転職活動の1歩目が踏み出せますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次