【期間限定】年収を上げる転職のコツを公開中

【調剤事務をすぐやめるのはどうなの?】主な理由や転職のための改善策を紹介!

悩む薬剤師さん

・調剤事務に向いていなかった
・早く辞めたいけどどうしたらいいんだろう

こんな悩みにお答えします

こんにちは!ユムと申します!

本記事の信頼性
ユム
  • 薬剤師&ブロガー
  • 調剤併設型ドラッグストアで管理薬剤師の経験あり
  • 残業月2時間以内のホワイト薬局に勤務中
  • 残業月30時間以上で過労の経験あり

本記事では

【調剤事務をすぐやめる人の特徴】辞める方法について紹介していきます

わたしもDsで管理薬剤師して、いろんな薬剤師と触れ合った経験から執筆しています。

ぜひ最後までご覧ください

オススメの転職サイト

こんな不安はありませんか?

よくある悩み
  • 自分のアピールポイント がわからない
  • 本当はどの企業が良いのかわからない
  • 在職中でなかなか時間が取れない

初めての転職なら何から始めていいかもわかりませんよね。

しかし、出遅れてしまったらいい求人情報もすぐになくなってしまいます。

個人でリサーチするにも限界があります。

そんな時におすすめしたいのが転職支援サイトのDODA(デューダ)です!

転職支援サイトDODA(デューダ)なら

転職支援サイトの強み
  • 業界に精通した転職のプロがあなたの強み・適性を把握しキャリアプランを提示してくれる
  • 非公開求人を含む豊富な求人情報の中から、あなたに合った求人を厳選
  • 応募先企業との面談調整・条件交渉を代行

上記の強みがあるんです。

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチしてくれます。
年収交渉も代行してくれるため、効率よく年収UPの期待値が高まるんですよね!

ユム

もちろん登録は無料!気軽に転職活動の相談ができるのが嬉しいですよね!

ぜひこの機会に、転職支援サイトで悩みを解決してください!

人気の優良求人は早い者勝ち!

公式サイト
https://doda.jp/


薬剤師のためのお役立ち記事

ちなみに転職サイトは複数登録することをオススメします。

理由は「キャリアアドバイザーの相性やスキルが異なる」から。

相性によって転職の良し悪しが決まってしまうほど重要なポイントなのです。


例えば、相性の合わない友達と長く付き合っていくことはしんどいですよね。

キャリアアドバイザーも同じで、相性が合わないと転職が成功しません。

その他のコツや転職で年収を上げる方法薬剤師の転職で絶対に失敗しないコツで解説しているのでぜひどうぞ!

また、オススメの転職サイトもランキング形式で紹介しています。

転職するときに必ずタメになるので薬剤師が転職するときに使うべきサイト:ランキング形式で発表も併せてご覧ください

目次

調剤事務をすぐに辞める原因

調剤事務をすぐに辞めてしまう主な理由は下記の通り

調剤事務は楽な仕事だと思っていた

調剤事務は想定よりも忙しすぎるために、すぐに辞める人がいます。

医療事務の仕事内容は、単なるデスクワークだけではありません。

業務内容は

  • 処方箋受付
  • 入力
  • 薬の取り揃え
  • レセプト

などなど

業務内容は受付や事務作業だけでないので、薬局内を走り回ることもあります。

座って事務作業するだけと思っていたのに意外と重労働なんですよね

薬局によっては薬剤師より事務の方が作業量が多いこともあるため、多忙さが負担になります。

勉強することが多い

調剤事務は勉強することが多いため、勉強が苦手な人はすぐに辞めてしまいます。

調剤事務が学ぶことは下記の通り

  • 医療保険制度に関する知識
  • 調剤報酬請求に関する知識
  • レセプト業務に関する知識
  • 基本的な医薬品の知識

などなど

未経験から始めた場合、最初に学ぶべきことが多くていやになるほど。

また、調剤報酬も2年に1回変わるので、常に情報をアップデートしなければいけません。

1回覚えたから終わりではないです。

膨大な保険などの情報を学ばないといけないですし、常に勉強も必要なんで結構きついんですよね、、、

上記の理由から調剤事務になってもすぐに辞めます

業務量のわりに給料が低い

調剤事務は業務量のわりに給料が安いです。

時給は1,000円前後で他の職種より高いと思うかもしれません。

しかし、調剤事務に業務は

  • 一般事務より業務量が多い
  • 一般事務より業務内容が専門的

といった内容です。

調剤事務は医療系の知識や保険、調剤報酬などの専門的な知識が必要であり、薬の種類や名前も覚える必要があるんで結構大変です!

それなのにも関わらず給料は休めなんですよね。

上記のように業務内容が難しく、勉強が必要なので業務内容と時給が割に合っていないと感じやすいです。

人間関係の問題

人間関係が原因で調剤事務をすぐに辞めてしまいます。

調剤事務が対応するのは患者だけでなく、現場の薬剤師とコミュニケーションを取らなければいけません。

また、調剤事務は立場が下になるのでこき使われることも珍しくありません。

例えば

  • 薬剤師がする必要がない業務は全て事務にやらせる
  • あれやってこれやってとこき使われる
  • 立場が下のため、キツイ言い方で支持される

などなど

上記の理由の人間関係に悩んでしまい「調剤事務になって後悔」する人が続出します

感染症にかかりやすい環境

薬局には風邪やインフルエンザなどの感染症の患者さんが来られます。

ですので、どうしても感染症にかかりやすい環境で働くことになります。

家で小さな子供や免疫が下がっている高齢者がいる場合、職場の感染症を家で蔓延させてしまう可能性もあります。

オススメの転職サイト

こんな不安はありませんか?

よくある悩み
  • 自分のアピールポイント がわからない
  • 本当はどの企業が良いのかわからない
  • 在職中でなかなか時間が取れない

初めての転職なら何から始めていいかもわかりませんよね。

しかし、出遅れてしまったらいい求人情報もすぐになくなってしまいます。

個人でリサーチするにも限界があります。

そんな時におすすめしたいのが転職支援サイトのDODA(デューダ)です!

転職支援サイトDODA(デューダ)なら

転職支援サイトの強み
  • 業界に精通した転職のプロがあなたの強み・適性を把握しキャリアプランを提示してくれる
  • 非公開求人を含む豊富な求人情報の中から、あなたに合った求人を厳選
  • 応募先企業との面談調整・条件交渉を代行

上記の強みがあるんです。

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチしてくれます。
年収交渉も代行してくれるため、効率よく年収UPの期待値が高まるんですよね!

ユム

もちろん登録は無料!気軽に転職活動の相談ができるのが嬉しいですよね!

ぜひこの機会に、転職支援サイトで悩みを解決してください!

人気の優良求人は早い者勝ち!

公式サイト
https://doda.jp/

調剤事務をすぐ辞めるのはダメなのか?

結論から言うと

  • 社員なら半年は続けた方がいい
  • パートならやめたいときにやめた方がいい

社員の場合、あまりにも早くに辞めてしまうと、転職時の面接であまりいいイメージを持たれない場合があります。

ですので、社員なら最低でも半年は続けた方がいいです。

パートは特にアルバイト募集でそこまで経歴を重要視されないので、問題ないです、やめたいと思ったらやめましょう!

次項から調剤事務を辞めるメリット・デメリットを詳しく紹介していきますね!

調剤事務をすぐに辞めるデメリット

調剤事務をすぐに辞めるデメリットは下記の通り

転職で不利になる可能性がある

調剤事務をすぐに辞めると、いざ次の職場へ転職する際に不利になる可能性があります。

なぜなら、短期間で転職していると「すぐにやめてしまうのでは?」と、悪いイメージを持たせてしまうから。

わたしも調剤事務の採用にかかわっていたことがありますが、職歴と働いていた期間は重要視していました

そのため、「入職後すぐに辞めた」という事実があると、書類審査の時点で不採用になる可能性があります。

短期間で退職した経歴が残る

調剤事務をすぐに辞めると経歴に「すぐに辞めた事実」が残ります。

上記でも解説しましたが、調剤事務採用の際は経歴の特に「働いていた期間」を重要視します。

すぐに調剤事務を辞めてしまうと経歴に傷がつき、今後の転職活動に影響を与える可能性があります

調剤事務をすぐに辞めるメリット

調剤事務をすぐに辞めるメリットは下記の通り

自分のやりたいことができる

調剤事務の業務が「自分の思い描いていた働き方と違う」と、会社へ求めていたものと違った場合は、早く辞めて次の会社に行くといいでしょう。

なぜなら、現職の調剤事務より、自分が本当にやりたかったことができるようになるからです。

ストレスがなくなる

早く調剤事務を辞めたいのに続けることはストレスに繋がります。

早めに辞めると決断することで、本来必要のなかった悩みやストレスを解消することが出来ます。

ストレスを受け続けることは心身共に摩耗します。早めに自分に合った仕事を選びましょう

転職先の選択肢が増える

新卒枠で入社した場合は特に不安になる次の職場探しですが、不安になりすぎる必要はありません。

なぜなら、第二新卒を使えるからです。

実際、第二新卒枠を積極的に採用している会社も多く、選択肢が卒業前より広がっている可能性もあります。

第二新卒をうまく生かせば未経験の業界に行くこともできます。

ですので、調剤事務を辞めたいのなら早めに行動に移しましょう。

調剤事務をすぐに辞めてはいけない人

調剤事務をすぐに辞めてはいけない人は下記の通り

  • 入社してまだ半年以内の人
  • 入社3年以内の人・実績がない人

入社してまだ半年以内の人

入社してまだ半年以内の人はやめるべきではありません。

おそらく入社半年なら、「集合研修」の多さで嫌になっているケースが多いです。

この悩みは研修が終わり店舗配属が決まれば解決します。

研修も少なくなりますし、薬局での実践がメインで学んでいきます。

また、経験半年の求人は比較的少ないです。

なので、入社半年以内の方はまだやめるべきでないです。

入社3年以内の人:実績がない人

入社3年以内でもしくは実績がない人はやめるべきではないです。

なぜなら、転職面接での給与交渉の材料が少ないから。

交渉が出来なければ、前職での給与をベースにされます

つまり、給料が同じくらいか、少し上下するくらいに収まります。

面接での交渉材料が揃うまでは日本調剤をやめずに、実績を高めた方が後々のコスパが良くなります。

調剤事務をすぐにやめていい人

調剤事務をすぐにやめていい人は下記の通り

  • 社員ではなくてパートの人
  • 給与と働きが見合っておらず、転職先での年収UPに期待できる人
  • 常に暗い気持ちになってしまう人
  • 寝れない・寝ても疲れが取れない人

社員ではなくてパートの人

調剤事務をパートで働いてる人は嫌だと思えばすぐにでもやめましょう!

なぜなら、働く時間や勤務体系を自由にできるのがパートの最大のメリットだから!

パートなのに向いていない・つらい調剤事務を続ける必要はないです。

辞めたいと思った時にやめましょう!

給与と働きが見合っておらず、転職先での年収UPに期待できる人

現職の調剤事務をやめた後、転職先での年収UPに期待できる人はやめた方がいいです。

転職では前職の年収をベースで考えるため、大幅に年収が上がるケースは珍しいです。

もし転職エージェントの担当者によって年収が上がるよと言われれば、「実力がある」「前職の給料と働きが見合っていない」ということ。

ですので、実績が十分あり年収UPが期待できる人は早々に転職の準備を進めた方が良いです。

常に暗い気持ちになってしまう人

常に暗い気持ちになってしまう人もやめた方がいいです。

精神的に抑うつ状態になっている可能性があります。

長めの休暇を取るか、やめた方が体のためになります。

まずは転職サイトに登録だけしておくと良いでしょう。

登録だけなら無料です。

寝れない・寝ても疲れが取れない人

寝れない・寝ても疲れが取れない人も上記項目と同じで、心身的に疲れている状態です。

長めの休暇を取るか、やめた方が体のためです。

まずは転職サイトに登録だけでもしておくことをお勧めします。

調剤事務から転職するときのコツ3選

転職する際のコツを紹介していきます

退職日はあらかじめ決めておく

退職日をあらかじめ決めておきましょう。

退職日を決めておくことで、日数から逆算して引継ぎなどの日程の調整ができるからです。

退職日までにしておきたいことは下記の通り

  • 上司に退所の報告+退職届の提出
  • 業務の引継ぎ
  • 必要に応じて:健康保険・年金・税金の手続き

退職日を明確にしておかないと、後からバタバタします

退職日を事前に決めておきスムーズな段取りで退所しましょう。

調剤事務として働きながらの転職活動は結構難しい

調剤事務で多忙の状態ならば、働きながらの転職活動は難しいです。

多忙のため、面談の時間が取れない、取れても時間が短いという状況で効率よく転職活動を進めていけない状態となります

ですので、退所を決断してから動き始めるのでは少し遅いです。

退所を少し迷っている状態の時から、転職サイトの登録などで動き出すことをおススメします。

退所決断前なら。良い案件があれば、面談の時間も取れるように日程が調整しやすいですし
案件がないのなら、退所を引き延ばせることもできます。

柔軟に動けるうちの退所・転職の行動に少しずつ移していきましょう。

調剤事務で得た経験を洗い出しておく:メモしておくと役に立つ

現職の調剤事務で得た経験を洗い出しておくが重要です。

なぜなら、転職での面接で日本調剤での経験を聞かれるからです

聞かれる内容は

  • 成し遂げたこと
  • 失敗したこと
  • 人間関係
  • 上記に関連する具体的な加算・数値

いざ面接となって準備しておかないとなかなかはっきりと答えずらい情報ばかりです。

なので、調剤事務での経験、数値化できそうなものはメモしておくと転職活動の役に立ちます

答え方、数値、目標達成率によっては給与UPも見込めます

まとめ:調剤事務を辞めるなら早いほうがいい

まとめ

以上が「【調剤事務をすぐやめるのはどうなの?】主な理由や転職のための改善策」でした。

特に退所・転職するなら決断する前から行動しておきましょう。

最初にするのは転職サイトの登録です。

無料で登録できるので、負担がかからず退所・転職活動の1歩目が踏み出せますよ!

オススメの転職サイト

こんな不安はありませんか?

よくある悩み
  • 自分のアピールポイント がわからない
  • 本当はどの企業が良いのかわからない
  • 在職中でなかなか時間が取れない

初めての転職なら何から始めていいかもわかりませんよね。

しかし、出遅れてしまったらいい求人情報もすぐになくなってしまいます。

個人でリサーチするにも限界があります。

そんな時におすすめしたいのが転職支援サイトのDODA(デューダ)です!

転職支援サイトDODA(デューダ)なら

転職支援サイトの強み
  • 業界に精通した転職のプロがあなたの強み・適性を把握しキャリアプランを提示してくれる
  • 非公開求人を含む豊富な求人情報の中から、あなたに合った求人を厳選
  • 応募先企業との面談調整・条件交渉を代行

上記の強みがあるんです。

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチしてくれます。
年収交渉も代行してくれるため、効率よく年収UPの期待値が高まるんですよね!

ユム

もちろん登録は無料!気軽に転職活動の相談ができるのが嬉しいですよね!

ぜひこの機会に、転職支援サイトで悩みを解決してください!

人気の優良求人は早い者勝ち!

公式サイト
https://doda.jp/

あわせて読みたい
【薬剤師向いていなかったからやめたい】不毛な時間を過ごしていませんか? ・薬剤師に向いていなかった・早く辞めたいけどせっかくとった薬剤師免許がもったいない・これからどうしたらいいのかわからない こんな悩みにお答えします こんにちは...
あわせて読みたい
カワチ薬品を辞めたい|薬剤師が退所・転職するときに知りたい心得 ・カワチ薬品をやめたい・人間関係がしんどいし、残業も多いし、、、・何か対処法はないのかな、、 こんな悩みにお答えします こんにちは!ユムと申します! 本記事では...
あわせて読みたい
クオール薬局を辞めたい|薬剤師が退所・転職するときに知りたいこと ・クオール薬局をやめたい・人間関係がしんどいし、残業も多いし、、、・何か対処法はないのかな、、 こんな悩みにお答えします クオール薬局をやめたい理由 クオール薬...
あわせて読みたい
【病院薬剤師の給料が安すぎる件】理由と解決策を紹介 ・病院の薬剤師の給料が安すぎて困る・理由はあるのかな?・給料が低いのを解決する方法を教えて欲しい こんな悩みにお答えします。 こんにちは!ユムと申します! 本記...
あわせて読みたい
サンドラッグを辞めたい|薬剤師が退所・転職するときに知りたいこと ・サンドラッグをやめたい・人間関係がしんどいし、残業も多いし、、、・何か対処法はないのかな、、 こんな悩みにお答えします 本記事の内容は下記の通り こんにちは!...
あわせて読みたい
【薬剤師の手取りが少なすぎる】給料を上げるオススメの方法を紹介 ・薬剤師の手取りが少なすぎる・今の職場や仕事の給料に不満! こんな悩みにお答えします こんにちは!ユムと申します! 薬剤師だけど手取りが少なすぎてがっかりしてい...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次