【期間限定】年収を上げる転職のコツを公開中

【薬剤師で年収800万円は狙える】稼げる人の特徴やおすすめの稼ぎ方

悩む薬剤師さん

・薬剤師で年収800万円超したいけど難しいかな。

こんな悩みにお答えします

こんにちは!ユムと申します!

本記事の信頼性

わたしは薬剤師正社員として勤務しています。

残業時間は2時間以下のホワイト企業に就職できました。

本記事では

【薬剤師で年収800万円は狙える】稼げる人の特徴やおすすめの稼ぎ方

について紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください

薬剤師におすすめの転職支援サイトは、日本最大級の薬キャリ

\薬剤師登録者数「No.1!」/

求人数は5万件以上!

>>【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント

よく読まれている記事


薬剤師のためのお役立ち記事

ちなみに転職サイトは複数登録することをオススメします。

理由は「キャリアアドバイザーの相性やスキルが異なる」から。

相性によって転職の良し悪しが決まってしまうほど重要なポイントなのです。


例えば、相性の合わない友達と長く付き合っていくことはしんどいですよね。

キャリアアドバイザーも同じで、相性が合わないと転職が成功しません。

その他のコツや転職で年収を上げる方法薬剤師の転職で絶対に失敗しないコツで解説しているのでぜひどうぞ!

また、オススメの転職サイトもランキング形式で紹介しています。

転職するときに必ずタメになるので薬剤師が転職するときに使うべきサイト:ランキング形式で発表も併せてご覧ください

目次

薬剤師の平均年収

薬剤師は薬局や病院と多種にわたって働き方があります。

そんな薬剤師の平均年収はいくらなんでしょうか。

結論から言うと

薬剤師全体の平均年収は580万円です。
※男女比込み、平均年齢44歳
参照:厚生労働省HP

全職種の平均年収は約490万円です。

ですので、薬剤師は一般的な職業のよりも100万円ほど年収が高いことが多いとわかります。

薬剤師の年収:男女比

男女比は下記の通り

性別平均年収
670万円
600万円

男性の方が年収が高い傾向にあることがわかります。

理由として、女性はパート薬剤師の割合が高い傾向にあるからと考えられます。
パート薬剤師が使えない!双方の対処法について解説

他の年代との年収比較

平均である40代薬剤師と他の年代を比較すると下記の通り

年代平均年収
20470万円
30570万円
40640万円
50660万円

40代以降も、薬剤師の年収は増加傾向です。

しかし、40代以降になると非常勤やパート勤務になる女性の薬剤師が増えていきます。

それなのに関わらず年収が微増しているのは、男性は役職について年収が上がっている人数が多くなっていると考えられます。

薬剤師で年収800万円稼ぐことは可能?

結論から、薬剤師で年収800万円を稼ぐことは可能です。

ただし、そのためには様々なキャリアアップや転職などの努力が必要になります。

厚生労働省が発表した「都道府県別医療従事者報酬等調査結果」によると、薬剤師の平均年収は580万円である一方、薬剤師の中には年収800万円以上を稼いでいる人もいます。

具体的には、製薬企業のMRや管理職、地方の在宅特化の個人薬局などで働く薬剤師が年収800万円を超えることがあります。

ですので、薬剤師で年収800万円を稼ぐことは可能ですが、環境や働き方を変えないと厳しいです。

普通に働くだけじゃ年収800万円は狙えないということです

薬剤師で年収800万円稼ぐ人の特徴

では薬剤師で年収800万円を稼いでる人はどんな人なんでしょう

特徴は下記の通り

管理職についている

薬局やドラッグストアの管理職に就くことで年収800万円を超える薬剤師になれます。

なぜなら、日本薬剤師会が2021年に実施した薬剤師の労働実態調査によると、管理職についている薬剤師の平均年収は1054万円でした。

また、企業における管理職の需要が高まる中、薬剤師も管理職としての需要が増しています。

大手の薬局やドラッグストアは次々と新店を出しているので、エリアを統括できる管理職の需要が高いからです

ですので、管理職に就くことで薬剤師の年収をアップすることができる。

現在は薬剤師も管理職としての需要が増しており、将来的にも年収アップの可能性が高いです

製薬企業のMRとして働いている

製薬企業のMRとして働くことで年収800万円を超える薬剤師も存在します。

一般社団法人日本MR協会の調査によると、2021年のMRの平均年収は928万円でした。

また、MRの中には薬剤師としての資格を持っている人も多いため、専門性の高い仕事であることが年収アップの理由の一つとして考えられる。

わたしの同い年(20代)の友人も大手のMRになって年収が850万円でした。

ですので、製薬企業のMRとして働くことで年収を800万円になる可能性があります。

1番実現性が高いのがMRのようなきがします

地方の薬局で働いている

地方の薬局で働くことで年収800万円を狙えます。

なぜなら、薬剤師の年収には地域格差があるため、都市部よりも地方の薬局での需要が高いからです
参照:都道府県別の薬剤師平均年収

また、地方の薬局では医師不足があるため、薬剤師が医療チームの中で重要な役割を担うことが多いです。

地方の薬局での勤務にもメリットがあり、年収アップの可能性もあります

在宅特化の薬局で働く

在宅特化の個人薬局で働くことで年収800万円を目指せます。

なぜなら、在宅医療の需要が高まっており、在宅特化の薬局での勤務も増えてきています。

調剤報酬改定により対人業務へのシフトが進んでいるため、今後はより在宅医療へ薬局は進んでいくと考えられます。

ですので、在宅特化の薬局で働くことで年収アップの可能性があり、在宅医療は今後も需要が高まることが予想され、在宅特化の薬局に勤務する薬剤師の需要も高まっていくと言えます。

薬剤師で年収800万円稼ぐ方法

では、薬剤師が年収800万円稼ぐにはどうすればいいか。

具体的な方法は下記の通り

キャリアップして管理職に就く

管理職にキャリアアップして年収を上げる方法です

一番王道の方法ですね

管理職になることで、給与以外にもボーナスや退職金の支給などの待遇が向上します。

しかし、大手企業で全国展開している薬局でなければポストが開かずになかなか管理職になれない可能性もあります。

ですので、あなたが今の勤務先で順調にキャリアアップできるのかの見極めが非常に重要です。

副業をして稼ぐ

年収800万円を狙うなら副業で個人の稼ぐ力をつけるのがオススメ。

  • 副業で月10万円稼げば:年収+120万円
  • 月20万円稼げば:年収+240万円

です。

今の給料に合わせて年収800万円にどれだけ必要なのか計算すると、目標達成までわかりやすいですよね。

また、副業に関してもいろいろあり

  • Youtube
  • ブログ
  • せどり
  • 投資

などなど

副業のオススメはブログ

副業のオススメはブログです。

ブログは初期費用がほとんどかからず維持費も安い(月800円)で始めやすい副業です。

Youtubeとかは設備を整えるのにお金や時間がかかる上に今から始めるのは遅いと言われています。

ブログで成功できれば記事が勝手にお金を稼いでくれるようになるので、不労所得となります。

簡単に始められて、不労所得を得られるチャンスが出来るので、副業はブログがお勧めです。

ちなみにわたしもブログで月5~10万円ほど稼いでいます

>>薬剤師の稼げる副業ブログの始め方|月1万円稼ぐコツ紹介

転職する

薬剤師で年収800万円を狙うなら、稼げる職場への転職を検討しましょう。

しょうじき転職が年収を上げるのに一番再現性が高いです

また、転職のポイントとして「転職を自分1人で選んではいけません」

なぜなら、1人では自分に合う薬局をリサーチできても、その情報が本当なのかどうかが判断できないから。

なので、1人で転職先を選ばずに「薬剤転職サイト」を利用しましょう

薬剤転職サイトを使うメリット

メリットは以下の通り

  • 転職にかかる時間と労力が減らせる
  • 多くの求人数を見れる
  • 給与交渉で条件が良くなる
  • 職場の内情を調べてくれる

1人ではできないことが多く、メリットだらけなので薬剤転職サイトを利用しないのは損です

オススメは無料で登録できる薬キャリです。

\薬剤師登録者数「No.1!」/

求人数は5万件以上!

>>【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント

あわせて読みたい
【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント ・転職を考えているけど、失敗しそうでなかなか行動できない・転職活動を始める前に知っておきたいことや転職のコツを教えて こんな悩みにお答えします 本記事の内容は...

薬剤師が年収800万円を狙える就職先

年収800万円薬剤師になるオススメの就職先は下記の通り

製薬企業のMR

製薬企業のMRは高収入が期待できる就職先です。

なぜなら、日本経済新聞社が2021年に実施した調査によると、製薬メーカーのMRの平均年収は800万円を超えているからです。

じっさい、私の友人も20代のMRで年収850万円です。

ですので、年収800万円を狙うならMRがおススメです

ドラッグストア

年収800万円薬剤師になるにはドラッグストアの就職もオススメ

なぜなら、大手ドラッグストアは全国に新店を出していて、エリアを統括できる管理職の需要が高いです。

ですので、個人の薬局より管理職のポストが開きやすいのでキャリアアップでの年収アップが期待できます。

ドラッグストアで普通に働いていても年収620万円くらいは狙えるのでコスパ高いと思います。

>>参照:20代薬剤師である私の平均年収を公開

地方の在宅特化の個人薬局

地方の在宅特化の個人薬局でも高収入が期待できます。

理由は

  • 地方なので薬剤師の需要が高い
  • 在宅の需要が年々高まっている

からです。

ですので、「地方+在宅特化」のキーボードで転職すると年収アップの可能性が高いです。

年収800万円目指す薬剤師にオススメの転職エージェント

年収800万円薬剤師になるには定番の薬剤師転職サイトに登録しましょう。

「薬剤師転職サイト」で調べれば全員進めている転職サイトなので、失敗はないです。

無料なので全部登録すべきです。

特に上記の「マイナビ薬剤師」「薬キャリ」ファルマスタッフ」はどのサイトを見てもランキング上位の常連です。

必ず登録しましょう。

>>【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント

年収800万円目指す薬剤師に関してよくある質問

よくある質問は下記の通り

薬剤師が年収800万円を稼ぐために必要なスキルは何ですか?

薬剤師が年収800万円を稼ぐためには、単に薬剤師としてのスキルだけではなく、ビジネスマネジメントや経営戦略などのスキルも必要です。

特に、管理職になる場合は、リーダーシップやマネジメントスキルが必要になります。

また、製薬企業のMRとして働く場合には、営業スキルやコミュニケーションスキルが必要になります。

地方の在宅特化の個人薬局で年収800万円を稼ぐにはどのようなポイントが重要ですか?

地方の在宅特化の個人薬局で年収800万円を稼ぐためには、経営者としてのスキルや事業展開能力が必要です。

また、在宅医療に精通した知識やスキルがあることが求められます。さらに、地域に密着したサービスを提供し、地域住民の信頼を得ることが重要です。

製薬企業のMRとして年収800万円を目指すには、どのような経験や知識が必要ですか?

製薬企業のMRとして年収800万円を目指すには、医療知識や薬学知識だけでなく、営業スキルやマーケティングスキルが必要になります。

また、コミュニケーション能力や交渉力も重要なスキルとなります。製薬企業のMRとして活躍するには、医療現場における情報収集能力や、市場動向に敏感な感性も求められます。

まとめ:年収800万円の薬剤師を目指すなら転職を考えよう

まとめ

以上が「【薬剤師で年収800万円は狙える】稼げる人の特徴やおすすめの稼ぎ方」でした。

特に退所・転職するなら決断する前から行動しておきましょう。

最初にするのは薬剤師転職サイトの登録です。

無料で登録できるので、負担がかからず退所・転職活動の1歩目が踏み出せますよ!

薬剤師におすすめの転職支援サイトは、日本最大級の薬キャリ

\薬剤師登録者数「No.1!」/

求人数は5万件以上!

>>【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント

あわせて読みたい
【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント ・転職を考えているけど、失敗しそうでなかなか行動できない・転職活動を始める前に知っておきたいことや転職のコツを教えて こんな悩みにお答えします 本記事の内容は...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次