【期間限定】年収を上げる転職のコツを公開中

【年収が低すぎる薬剤師】給料が低い理由と年収アップの方法を解説

悩む薬剤師さん

・薬剤師の給料が低すぎる
・今の職場や仕事の給料に不満!

こんな悩みにお答えします

こんにちは!ユムと申します!

本記事の信頼性
ユム
  • 薬剤師&ブロガー
  • 調剤併設型ドラッグストアで管理薬剤師の経験あり
  • 残業月2時間以内のホワイト薬局に勤務中
  • 残業月30時間以上で過労の経験あり

本記事では

【年収が低すぎる薬剤師】給料が低い理由と年収アップの方法を紹介していきます

わたしもDsで管理薬剤師して、いろんな薬剤師と触れ合った経験から執筆しています。

ぜひ最後までご覧ください

オススメの転職サイト

こんな不安はありませんか?

よくある悩み
  • 自分のアピールポイント がわからない
  • 本当はどの企業が良いのかわからない
  • 在職中でなかなか時間が取れない

初めての転職なら何から始めていいかわかりませんよね。

しかし、出遅れてしまえば、いい求人情報もすぐになくなってしまいます。

個人でリサーチするにも限界があります。

そんな時におすすめしたいのが転職支援サイトのファルマスタッフです!

転職支援サイトファルマスタッフなら

転職支援サイトの強み
  • 業界に精通した転職のプロがあなたの強み・適性を把握しキャリアプランを提示してくれる
  • 非公開求人を含む豊富な求人情報の中から、あなたに合った求人を厳選
  • 応募先企業との面談調整・条件交渉を代行
ユム

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチしてくれます。
年収交渉も代行してくれるため、効率よく年収UPの期待値が高まるんですよね!

もちろん登録は無料!下記ボタンからすぐに相談が可能!

ぜひこの機会に、転職支援サイトで悩みを解決してください!

人気の優良求人は早い者勝ち!

ファルマスタッフ公式サイト
https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフの評判はファルマスタッフの評判:口コミからわかった3つのメリット・デメリットをどうぞ!

あわせて読みたい
ファルマスタッフの評判:口コミからわかった3つのメリット・デメリット ・ファルマスタッフがいいって聞くけどどうなのかな?・評判や口コミを知りたい こんな悩みにお答えします こんにちは!ユムと申します! 転職を考えてるけど「ファルマ...

転職エージェントのランキングなら下記からどうぞ!

>>【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功

あわせて読みたい
【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント ・転職を考えているけど、失敗しそうでなかなか行動できない・転職活動を始める前に知っておきたいことや転職のコツを教えて こんな悩みにお答えします 本記事の内容は...


薬剤師のためのお役立ち記事

ちなみに転職サイトは複数登録することをオススメします。

理由は「キャリアアドバイザーの相性やスキルが異なる」から。

相性によって転職の良し悪しが決まってしまうほど重要なポイントなのです。


例えば、相性の合わない友達と長く付き合っていくことはしんどいですよね。

キャリアアドバイザーも同じで、相性が合わないと転職が成功しません。

その他のコツや転職で年収を上げる方法薬剤師の転職で絶対に失敗しないコツで解説しているのでぜひどうぞ!

また、オススメの転職サイトもランキング形式で紹介しています。

転職するときに必ずタメになるので薬剤師が転職するときに使うべきサイト:ランキング形式で発表も併せてご覧ください

目次

薬剤師の年収が低いとみんな思っている

薬剤師の年収が低いと思っているのはそう珍しくありません。

わたしも全然やりたくありませんし、口コミを調べると大量に出てきます

上記のように薬剤師は年収が低いと言いながらしぶしぶ働いているのです。

辞めれるならやめたいけど、、、せっかく資格を持ってるからと考えてしまいます

あわせて読みたい
【薬剤師として働きたくない】実践するべき解決策 ・薬剤師として働きたくなくなっていた・これからどうやって頑張っていけばいいんだろう こんな悩みにお答えします こんにちは!ユムと申します! 本記事では 【薬剤師...

薬剤師の年収が低いわけではない

薬剤師の年収は低いわけではありません。

30代薬剤師の平均年収は約580万円です
参照:厚生労働省HP

30代は、薬剤師としての経験を6年以上積み、ベテランと呼ばれる方も増えてくる年齢です。

30代になると、リーダーやマネジメントなどの役職につく方も増えるため、20代薬剤師に比べると年収は高くなります。

薬剤師の年収:男女比

男女比は下記の通り

性別平均年収
620万円
540万円

男性の方が年収が高い傾向にあることがわかります。

理由として、女性はパート薬剤師の割合が高い傾向にあるからと考えられます。
パート薬剤師が使えない!双方の対処法について解説

薬剤師全体の平均年収について

薬剤師全体の平均年収は580万円です。
※男女比込み、平均年齢44歳

全職種の平均年収は約490万円です。

ですので、薬剤師は一般的な職業のよりも100万円ほど年収が高いことが多いとわかります。

他の年代との年収比較

30代薬剤師と他の年代を比較すると下記の通り

年代平均年収
20470万円
30570万円
40630万円
50660万円

30代以降も、薬剤師の年収は増加傾向です。

30代からの平均平均年収は100万円程度増えていることが確認できます。

しかし、30代以降になると非常勤やパート勤務になる女性の薬剤師が増えていきます。

それなのに関わらず年収が微増しているのは、男性は役職について年収が上がっている人数が多くなっていると考えられます。

薬剤師の年収が低い原因

薬剤師の年収が低いと感じる原因は下記の通り

医者と比較すると薬剤師の年収が低いから

薬剤師の年収は医師と比較すると低いです。

  • 医師の平均年収:1200万越え
  • 薬剤師の平均年収:580万円

同じ6年制の大学を出ているのにこれだけの年収の差があります。

薬剤師は医師の年収と比較してしまうので「低すぎる」と感じてしまいがちです。

年収が上がりにくい

薬剤師の年収があがりにくいです。

理由は下記の通り

  • 昇給率が悪い
  • 役職が少ない

昇給も年に1回で3000~5000円程度しか増えないので、手取りがほとんど変わりません。

また、薬剤師の役職は少ないためポストが開かずになかなか役職手当をもらえるチャンスが巡ってきません。

上記の理由から薬剤師は年収が低すぎると言われています。

薬剤師数が増えてきているのと調剤報酬改定の改悪があるので、昇格で年収を上げていくのはコスパがどんどん悪くなっています。

薬剤師の給料は調剤報酬に依存する

薬剤師の給料は調剤報酬から出ています。

しかし、後期高齢化によって調剤報酬は年々改悪されています。

今まで通り、処方箋をもらって薬を出すスタイルの薬局は今後経営が厳しくなると言われています。

また、調剤報酬は人件費だけでなく医薬品の購入や医療機器の購入費や設備管理費にもまかなわれています。

ですので、調剤報酬が今後の下がっていけば人件費にかけれるお金も減っていくため、薬剤師の給料に影響が出てきます。

今後、薬剤師の給料が大幅に上がることはないでしょう。

上記のことから薬剤師は給料が今後上がらないため「低すぎる」と考えれています。

薬剤師が年収アップする方法

薬剤師で年収を上げる方法は下記の通り

  • 働く場所を変える
  • 勤務先を変える
  • 派遣をする
  • 副業をする

働く場所を変える

薬剤師が年収を上げる簡単な方法は働く場所を変えることです。

具体的に言えば「地方で働く」ということ

なぜなら、都心より地方の方が薬剤師の需要が高いため、高い給与で求人がかけられているから。

都道府県別の薬剤師平均年収は「都道府県別の薬剤師平均年収」をどうぞ。

勤務先を変える

勤務先を変えるのも年収を上げる手です。

もしあなたが病院勤めの場合、薬局やドラッグストアに転職するだけで簡単に年収が上がります。

ドラッグストア勤務ですが、給料が不満という理由で病院から転職してきた人をたくさん見ました

ですので、年収アップを図りたいのなら勤務先を変えてみましょう。

>>【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント

あわせて読みたい
【薬剤師の転職】失敗しないためのコツと成功のポイント ・転職を考えているけど、失敗しそうでなかなか行動できない・転職活動を始める前に知っておきたいことや転職のコツを教えて こんな悩みにお答えします 本記事の内容は...

年収アップのためのオススメ勤務先

オススメの勤務先は下記の通り

  • 大手ドラッグストア
  • 在宅特化の個人薬局

大手ドラッグストア

大手ドラッグストアならば、人手をぎりぎりで回さないように人事コントロールをしています。

ですので、そこまでしんどくならずにお金を稼ぐことが出来ます。

実際、私はゆったり働いて年収600万円です

在宅特化の個人薬局

逆に在宅特化の個人薬局は超ハードな働き方になる可能性があります。

しかし、代わりに高給でスキルによっては年収1,000万円が目指せます。

Twitterで高給取りな薬剤師を見かけると大半が在宅特化の個人薬局です。

わたしの友人も在宅特化の個人薬局に行って年収850万円でした。

>>【在宅をやりたくない薬剤師】今後の解決策と在宅のデメリット

派遣をする

手っ取り早くお金を稼ぐなら派遣がオススメです!

管理薬剤師の方にはできない方法ですが、普通の平薬剤師には非常にオススメ

派遣の求人があるおすすめサイトは

がオススメ!

それぞれにしかない求人もあるので両方登録して好みの派遣を選びましょう。

もちろん登録は無料なので気軽にできますよ!

副業をする

「年収を上げたいけど転職はしなくていいかな」と思うならば副業で稼ぐ力をつけるのがオススメ。

副業で月10万円稼げば、年収が+140万円となります。

副業に関してもいろいろあり

  • Youtube
  • ブログ
  • せどり
  • 投資

などなど

あなたに合った副業を始めるのが一番です。

副業のオススメはブログ

副業のオススメはブログです。

ブログは初期費用がほとんどかからず維持費も安い(月1000円)で始めやすい副業です。

Youtubeとかは設備を整えるのにお金や時間がかかる上に今から始めるのは遅いと言われています。

ブログで成功できれば記事が勝手にお金を稼いでくれるようになるので、不労所得となります。

簡単に始められて、不労所得を得られるチャンスが出来るので、副業はブログがお勧めです。

>>薬剤師の稼げる副業ブログの始め方|月1万円稼ぐコツ紹介

薬剤師で現職のまま年収を上げる方法

副業も転職もせずに年収をあげるなら以下の方法がオススメ

  • 休日出勤・残業をして手当をもらう
  • 昇進する
  • 資格手当をもらう

休日出勤・残業をして手当をもらう

休日出勤・残業をして手当をもらうことで年収を上げる方法です。

これが「手っ取り早く・楽」に年収を上げられます。

なぜなら、次項で紹介する「昇進・資格手当」はコツコツと頑張って結果が出てやっと給料があがるものです。

その点、残業などはいつもより長く働くだけで多くの給料がもらえるので楽に年収を上げられます。

残業代は通常の1.25倍の賃金が発生するので効率がいいです。

残業のデメリット

残業のデメリットは

  • 無駄な残業の場合、会社からの評価が下がる
  • プライベートを削ってお金を稼いでいる

ということ

また、長時間の残業はメンタルに悪影響なのでほどほどにしておきましょう。

昇給・昇格する

年収アップの方法は「昇給・昇格」することです。

管理薬剤師や自複数店舗の管理職・マネジメント職になれば年収800万円以上を目指すこともできます。
管理薬剤師とは?薬局長との違いを解説

しかし、役職に枠がなければ昇格できないのがデメリットです。

昇格のための評価対象

基本的な評価対象は

  • かかりつけ患者〇人
  • 新規在宅患者〇人

などなど

なにも評価されるポイントがなければ昇給はには期待できないので注意してください

また、上記の評価対象を大幅に達成できているなら、「どれだけの数字がとれたかをメモしておきましょう。」

なぜなら、そのメモは転職に活きるからです。

転職での給与の交渉で達成したノルマが評価されれば、求人の給与から大幅に年収がアップすることもあります。

ですので、評価対象を大幅に達成できているなら、達成した数字をメモしておきましょう。

>>【かかりつけ薬剤師がノルマでつらい】そんな時に知りたい対策

あわせて読みたい
【かかりつけ薬剤師がノルマでつらい】そんな時に知りたい対策 ・かかりつけ薬剤師をやりたくない・会社からノルマだからほぼ強制のような状態、、、・解決策とかあるのかな こんな悩みにお答えします こんにちは!ユムと申します! ...

資格手当をもらう

将来的な年収アップを狙う方法として、資格の所得を目指すのもおすすめです。

具体的には

  • 認定薬剤師
  • 外来がん治療認定薬剤師制度

とかですね。

資格を取得することで手当が出る企業もあります。

私のところは1万円ほどの手当がでます。

資格を取得すればスキルアップにつながるほか、転職にも有利になるため非常におススメです。

将来的な年収アップとキャリアプランを見越して資格の取得を視野に入れてみましょう。

薬剤師が転職で失敗しないためのコツやポイント

薬剤師の転職で失敗しないコツは下記の通り

1人で転職活動をしないこと

薬剤師の転職活動は絶対に1人でしてはいけません。

なぜなら、下記の理由があります

  • 情報収集に時間がかかる
  • 応募先の絞り込みの難しさ
  • 面接対策のアドバイスをもらえず準備が不十分になる
  • キャリアアップに必要なアドバイスをもらえない

特に初めての転職ならなおさら失敗に繋がります。

ですので、1人で転職活動をするのではなくて「薬剤師転職サイト」に応募して転職活動をサポートしてもらいましょう。

複数の薬剤師転職サイトに登録すること

薬剤師転職サイトは複数登録しましょう。

なぜなら、求人数や求人の種類がサイトによって異なるからです。

例えば、Aサイトではある会社の求人がなくても、Bサイトにはあったり
Cサイトは個人薬局の求人に強くて、Dサイトは製薬企業の求人に強かったり。

サイトごとに求人の掲載が変わってきます。

様々な求人からあなたに合った会社を選ぶために複数の薬剤師転職サイトに登録しましょう。

薬剤師転職サイトの登録は無料なので、負担なくできるはずです。

転職の目的を明確にすること

転職成功のコツは転職の目的を明確にすること。

なぜなら、目的がはっきりしていないと求人の絞り込みがあいまいになるからです。

あなたの転職したい理由はなんですか?

  • いまの給料に不満があって、給料を上げたい
  • 休みが少ないから、休暇の多い会社が良い
  • 今の会社のノルマがきついから、ノルマのない会社でゆったり働きたい
  • 在宅に専念したいから、在宅特化の薬局に行きたい

などなど

あなたの転職の目的を明確にすることが転職成功のポイントです。

年収・基本給の内訳を確認すること

求人の年収・基本給の内訳を必ず確認しましょう。

内訳とは

  • 基本給はいくらなのか
  • 見込み残業は入っていないのか
  • 年俸制なのか、月給制なのか
  • 週〇時間、月〇時間のシフトせいなのか
  • 週休2日、完全週休2日なのか

などなど

特に年収が高いと思った求人には見込み残業が含まれていケースがよく見られます。

必ず、年収・基本給の内訳を確認してください

余裕をもって準備すること

転職活動の成功のコツは余裕をもって準備しておくことです。

なぜなら、転職には時間やストレスがかかるからです。

転職活動には時間がかかる

薬剤師の転職活動には時間がかかります。

求人情報を収集したり、応募書類を作成したり、面接に参加したりするためには、それなりの時間を要します。

薬剤師転職サイトを使ってサポートしてくれても自分にぴったりの条件の求人を見つけるのには時間はかかります。

一人ならもっと時間がかかります。

転職活動にはストレスがかかる

応募した求人に不採用となったり、面接でうまく話せなかったりすると、落ち込んだり、自信をなくしたりすることがあります。

また、仕事をしながら、転職活動の準備をしていると、転職準備で精神的に負担がかかります。

そのため、余裕をもって時間をかけて準備することで、ストレスを軽減することができます。

自己分析を十分に行える

余裕をもって準備することで、自分の強みや弱みを正確に把握することができます。

自己分析を十分に行い、自分がどのような職場や条件を求めているのかがより考えられます。

さらに、自分自身で十分な情報収集を行うことで、自信を持って面接に臨むことができます。

職場見学をすること

薬剤師の転職で成功するポイントは「職場見学」をすることです。

なぜなら、職場見学することで職場の雰囲気が知れます。

求人情報では自分にぴったりでも、実際の職場は人間関係が悪くて、雰囲気が最悪なんてこともあります。

職場の雰囲気を知らずに職場見学せずに入社してしまったら、早々に退職してしまうことも考えられます。

また、職場見学で良い印象を残すことで、面接時の採用決定に良い影響を与える可能性もあります。

職場見学はメリット尽くしのため、薬剤師の転職で成功するためには必ず行った方が良いです。

薬剤師が年収アップが期待できる転職サイト

定番の薬剤師転職サイトから

「薬剤師転職サイト」で調べれば全員進めている転職サイトなので、失敗はないです。

無料なので全部登録すべきです。

特に上記の「マイナビ薬剤師」「薬キャリ」ファルマスタッフ」はどのサイトを見てもランキング上位の常連です。

必ず登録しましょう。

詳細は下記をどうぞ。

薬剤師の将来性について

薬剤師の将来性が気になりますよね。

結論から「薬剤師の需要はなくならない」です。

薬剤師は薬のエキスパートとしての活動出来て、市場でも常に人手不足の状態です。

下記グラフは薬剤師の需要を現しています

厚労省HP 参照

グラフから薬剤師の需要が右肩上がりに推移しているのが確認できます。

上記から薬剤師の需要は尽きないため、薬剤師の職はなくならないと考えられます。

間違った考え:薬剤師であれば一生安泰ではない

薬剤師は需要がなくならないと言いましたが、だからと言って安心していいわけではありません。

薬剤師になれば一生安泰の時代は終わりました。

理由として

  • 後期高齢化が今後加速する
  • 対人業務の需要が伸びる
  • 調剤報酬の改定が続く
  • 薬価改定の改定が続く
  • 薬局の売り上げが下がりつづける
  • 終身雇用の崩壊

上記の通り

ですので、「薬剤師になれたから安心!」とサボっていればすぐにオワコン薬剤師になります。

需要がある薬剤師はコミュニケーションがあり、日々情報をアップデートしている薬剤師だと再認識しておく必要があります。

まとめ:薬剤師の年収が低いなら転職か副業をしよう!

以上が「【年収が低すぎる薬剤師】給料が低い理由と年収アップの方法を解説」でした。

特に退所・転職するなら決断する前から行動しておきましょう。

最初にするのは薬剤師転職サイトの登録です。

無料で登録できるので、負担がかからず退所・転職活動の1歩目が踏み出せますよ!

薬剤師におすすめの転職支援サイトは、下記です。

オススメの転職サイト

こんな不安はありませんか?

よくある悩み
  • 自分のアピールポイント がわからない
  • 本当はどの企業が良いのかわからない
  • 在職中でなかなか時間が取れない

初めての転職なら何から始めていいかもわかりませんよね。

しかし、出遅れてしまったらいい求人情報もすぐになくなってしまいます。

個人でリサーチするにも限界があります。

そんな時におすすめしたいのが転職支援サイトのDODA(デューダ)です!

転職支援サイトDODA(デューダ)なら

転職支援サイトの強み
  • 業界に精通した転職のプロがあなたの強み・適性を把握しキャリアプランを提示してくれる
  • 非公開求人を含む豊富な求人情報の中から、あなたに合った求人を厳選
  • 応募先企業との面談調整・条件交渉を代行

上記の強みがあるんです。

企業の内情だけでなく労働環境までリサーチしてくれます。
年収交渉も代行してくれるため、効率よく年収UPの期待値が高まるんですよね!

ユム

もちろん登録は無料!気軽に転職活動の相談ができるのが嬉しいですよね!

ぜひこの機会に、転職支援サイトで悩みを解決してください!

人気の優良求人は早い者勝ち!

公式サイト
https://doda.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次